相談

老後に向けた備え

相談 宮城で暮らしていく場合も、将来の年金や医療・介護のことなどの不安が付きまとう。保険相談をすることで、いつごろからどのような対策が必要になるかについて提案をしてもらえるので、事前に備えを十分しておける。

Read More...

保険とは

月収と生命保険料の割合

説明

昇給が据え置かれ、消費増税を受けて、生活費をいかに節約するかを考えた時、月々の生命保険料が負担に感じる人は多いと思います。生命保険料の払込み金額が自身の収入に見合っているかなど、保険見直しのタイミングは人生の中で何度か訪れます。一般的に、月々の保険料は月収の5%から10%が相場と言われています。月収の10%は少々高いと感じられますが、これは若い頃に加入して生涯を通じた平均値です。さらに、生命保険以外にも積立型の年金保険にも加入する人が多く、年金は老後の生活を支える重要な資金なので、如芸して考えることはできず、併せて考えれば10%は高くありません。但し、年金保険に加入するのは一定の年齢に達してからというのが多くの人の実情です。つまり、単純に月収の何%と考えるのではなく、自身の年収や年齢、扶養家族の数、経済状況に応じて、定期的に保険見直しを検討することが望まれます。

多くの人が加入する定期付終身保険

多くの人が加入する生命保険に定期付終身保険があります。これは、定期付特約と終身保険で構成されています。定期付終身保険は、一般的には60歳あるいは65歳まで払い込みを続け、その年齢までは保障額が大きいが、それを超えると終身保険部分のみの支払いになるため、極端に小さくなるのが特徴です。生命保険の趣旨は自身の傷害に対する保障と残された家族への保障の両面があります。自身が60歳や65歳になれば、子供も独り立ちしている時期であり、後は自身が死亡時の葬儀費用で十分であるなら、保険見直しの必要性は少ないと言えます。但し、住宅ローンが残っていたり、残された配偶者の生活を保障する必要があるなら、できるだけ早い段階で保険見直しを検討することが重要です。

人気の保険相談

相談

保険に加入を希望していたり保険の見直しを希望していれば、一度、栃木県の保険相談に行ってみましょう。無料で何度でも相談できますので、事前に予約をして相談しましょう。もし来店が難しければ自宅などにスタッフが訪問してくれます。

Read More...

家計診断を受けてみる

説明 家計診断は健康診断と同じで、自覚症状がないうちに受診をすることが大切です。家計の健康状態をしることで早めに対策をすることができて、老後の生活も不自由なく、安定して生活をすることができるようになります。

Read More...